2017年03月06日

日本の受動喫煙対策「世界最低レベル」

日本人は多数の意見が強い国民性のせいか
喫煙者の方が多いので受動喫煙対策が進んでいません。


日本の受動喫煙対策は「世界最低レベル」だと言われています。


しかし、2020年に東京五輪やパラリンピックをひかえているので
ようやく政府も重たい腰を上げたようです。


・飲食店内は原則禁煙で違反すれば罰金30万円以下。
・小中学校や医療機関は敷地内を全面禁煙。
・大学や運動施設、官公庁も喫煙室の設置を認めない
としています。

ただし、床面積30平方メートル以下のスナックやBARなどの
小規模な店は規制の対象外となるようです。


愛煙家からは反発がありそうですが、
吸わないのに健康被害を受けるほうが納得できませんからね〜


会社でもパーテーションで仕切っているだけで
煙が充満しているのでもっと真剣に取り組んでほしいものです。




煙が多い爆煙仕様!便利な本体2本入り!今ならお試しリキッドプレゼント!


posted by 毒島 at 14:50| Comment(0) | 美容・健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。